トピックス
Top Back
2005/11/14
 
火災安全性に配慮した環境対応型難燃PBT樹脂の開発
 


ウィンテックポリマー株式会社
ポリプラスチックス株式会社

ウィンテックポリマー株式会社(社長:掛谷 泰行、本社:東京都港区)およびポリプラスチックス株式会社(社長:神村安正、本社:東京都港区)は、市場における難燃系樹脂素材の環境配慮と火災安全性向上の要求に応えて、この度新しい難燃PBT(ポリブチレンテレフタレート)樹脂の開発に成功いたしました。
PBT樹脂は、その優れた成形加工特性と、機械的・電気的物性のバランスの良さから、自動車・OA・電気電子機器向け部品の構造材料として幅広く使われております。しかしながら昨今、EUから端を発した安全規格の国際標準化や環境規制の波を受けて、市場ではグローバルな規格・規制に合致するデファクトスタンダード材料が強く望まれてきました。ウィンテックポリマーは、Ticonaグループと共同で問題解決に取り組み、この度、次世代難燃PBT樹脂のグローバルスタンダードに位置づけられる「ジュラネックス®XFRシリーズ」の開発に成功致しました。
「ジュラネックス®XFRシリーズ」の特長を、以下に挙げます。

1.ノンハロゲン難燃剤使用により、WEEE/RoHS、各国環境ラベルに対応

XFRシリーズ」はノンハロ難燃剤を使用し、難燃性の規格であるUL(Underwiters Laboratories)規格の最高レベル:V-0(試験片厚さ0.8mmt)を実現しました。

2.充実したグレードラインナップと、従来難燃PBT樹脂と同等の成形加工特性

現在標準グレードとして非強化、GF10%、GF15%、GF20%、GF30%の5グレードを取り揃えています。成形加工特性は従来難燃PBT樹脂とほぼ同等になるよう設計しており、ユーザーの材料切替えをスムーズにサポートします。さらに、今後低ソリグレードや高摺動を始め、ユーザーのニーズに合わせたグレードラインナップも積極的に行って参ります。

3.電気火災安全性は、従来の標準グレードより1〜2ランクアップ

トラッキング火災への耐性を示すCTI(Comparative Tracking Index:比較トラッキング指数)は、従来の標準的な難燃PBTでは250〜225V(PLCランク2〜3)が限界でした。XFRシリーズは600〜400V(PLCランク0〜1)を可能にします。耐トラッキング性の向上は部品の電気火災安全性を向上させる他、最終製品のコンパクト設計にも貢献致します。

4.オールカラー着色可能。耐光変色性も従来難燃PBTより大幅に改善

無着色品の色目は従来難燃PBT樹脂と同等レベルの白さを有し、さらに長時間UV光を当てたときに起きる黄変を、「XFRシリーズ」では大幅に軽減しました。屋外・屋内で長期間UV光に曝される環境において、長期間の耐光変色性を発揮します。

【ウィンテックポリマー株式会社】
ウィンテックポリマー株式会社は、2000年7月に設立されたポリプラスチックス株式会社(出資比60%)と帝人株式会社(出資比40%)の合弁会社で、熱可塑性ポリエステル樹脂の樹脂メーカーです。資本金20億円。
PBT樹脂「ジュラネックス®」およびGF-PET樹脂「FR-PET®」の製造・販売を2001年1月から開始し、松山工場(愛媛県松山市)に年産50,000tのPBTポリマー連続重合プラントが、岩国工場(山口県岩国市)にPBT・GF-PETコンパウンドプラントがあります。
ウィンテックポリマーは、ドイツおよびアメリカのTicona 社と連携をとりながら、PBT樹脂事業およびGF強化PET樹脂事業を行っております。

【当件に関するお問い合わせ】
■ポリプラスチックス株式会社 (ウィンテックポリマー株式会社販売業務委託先)
  URL:http://www.polyplastics.com
  東京都港区港南二丁目18-1 JR品川イーストビル
  総務部  伊庭野
  Tel: 03-6711-8600  Fax: 03-6711-8606

 

Arrow Arrow Arrow
up Top Back